製品・サービス 会社情報 事業紹介 採用案内 関連会社 トップページ
事業紹介
システム設計
ソフトウェアの研究・開発
総合テスト
個別対応・製品メンテナンス
Join Us
新しい領域に向かって止まらずに変化を追求し続ける我々は、大志を抱いている貴方の加入を待っております。
採用エントリー >>
ソフトウェア総合テスト
    単体テストが終わったら、総合テストが始まる。総合テストは以下の部分で構成される。
1.機能テスト
    機能テストは、プログラム動作が確定書の記載と不一致の部分を見つけようとするプロセスである。機能テストは基本的にブラックボックス的な操作で、実施前に確定書の内容を十分に分析してテストケースを作成する。同値分割、境界値分析、エラー推測と原因結果グラフといった技法は特に機能テストに適用する。
    どの機能で発見したバグが一番多いか、という情報はこの機能でまだ発見されていないバグがあることを示している。予想外、または無効だと思われる入力値に対しても重視しなければならない。とにかく、機能テストは、プログラム動作が確定書の記載に一致のことを証明するのではなく、逆に確定書の記載に一致しないところ、またはプログラムそのものの不具合を現せるのを目指す、ということを覚えなければならない。
2.システム テスト
    システムテストは、誤解しやすくて一番難しいテストである。システムテストはシステム全体、またはプログラム機能のテストではなく(それは機能テストと重複する)、システム、またはプログラムを初期目標を立てたときと比較すること。
    システムテストは以下の内容を含める。
1) 能力テスト
    関連ドキュメントに記載している各能力が確実に実現しているかテストする。
2) 負荷テスト
    負荷テストは、関連ドキュメントに記載している一定のデータ量の場合にシステムが処理できないことを証明する。
3) 強度テスト
    システムが耐えられる強度をテストする。強度とは、操作によって瞬間に達したデータ ピークのことである。
4) 操作性テスト
    操作上の問題点を発見する。
5) セキュリティテスト
    セキュリティを突破しようとするテストケースを設計してテストする。例えば、OSメモリーのセキュリティポリシーを違反し、DBMSのセキュリティを損なうなど。
6) パフォーマンステスト
    特定した負荷と環境配置でシステムの応答時間やIO率をテストする。
7) 記憶領域テスト
    メモリーや2次記憶で使用可能な領域、及び一時ファイル、またはリークしたファイルのサイズなどをテスト項目とする。
8) 環境テスト
    使用可能なすべてのOS環境でシステム動作をテストする。
9) 交換性/環境/コンバートテスト
    別環境に移行した場合に問題あるかどうかテストする。
10) 復元可能テスト
    回復機能が役に立てるかテストする。例えば、APエラーやデータエラーが発生した場合、APがロールバック・復元できるかどうかをテストする。
3.受入テスト
    受入テストは、システム動作がユーザーの要望(最初から現在まで)を満足しているかをテストする。一般的にはユーザー側、またはエンドユーザーが実施し、開発側の作業だと認められない。受入テストは注文先でシステム動作を契約書の内容と対比する。
4.インストール テスト
    インストール テストはソフトを製造した会社が設計し、ソフトの一部としてリリースするはず。このテストはインストールの後に実施する。また、テストケースには項目同士に矛盾のないこと、すべてのモジュールや必要なファイル、及びファイル中の内容が漏れなく含まれていて、スペックが妥当であることなどを確認する必要がある。
5.運用説明
    上記は汎用開発の場合に適用する。実際作業のときにユーザーの要望に応じて適合に調整する場合もある。
6.附録
開発工程と評価工程の関係
中文 ご利用条件 情報セキュリティ サイトマップ 採用エントリー
Copyright (c) AMANO Software Engineering (Shanghai) Co., Ltd. All Rights Reserved.
沪ICP备06007265号

沪公网安备 31011502004515号